ビックカメラwimax比較のツボ!

格安スマホ、トラブルのための回避策

格安スマホの場合、本体とSIMカードは別々の業者で契約するケースが多く、ワイモバイルを除くほとんどが店頭サービスを行っていないと思います。

 

普段から携帯電話を身につけていて困ったトラブルというので、自分自身の体験や周囲の友人や知人との話で多いのは壊れた時、中に保存していたデータが
消えてしまったということが多くありませんか?
機種変更する場合はキャリア携帯だと中身のデータを店頭で移してくれるサービスがあったりしませんか?

 

格安スマホの場合、機種変更する場合にはそういった作業を自分自身でする必要があり、また水没したり故障した場合もメーカー保証などでメーカーはサポートして
くれますが、代替機を貸してくれたりデータを復旧させてくれるようなサービスを受けることができません。
特にアドレス帳やLINEで登録している友達の情報が消えてしまって連絡がつかなくなってしまうということありますよね?
必ず格安スマホを使うにあたってはそういったトラブルを自分で解決するための回避策を講じておく必要があります。

 

回避策と言っても難しいことではありません。
私が講じているのはクラウドサービスを2つ登録して使っているというだけのものです。
しかもこのサービスは無料です。もちろん有料のもので課金すればサービス向上を受けられるものもありますが、
普通に使う上では無料サービスで十分です。

 

まずはアドレス帳。
私はスマホのアドレス帳はgoogleアカウントと同期させる設定をしています。
スマホを持っている人の中にはGmailという無料のメールアドレスを新たに使っている人がいるのではないでしょうか?
このGmailというのはgoogleのサービスで、Gmailのメールアドレスを取得した際に発行されるアカウントは、スマホ内のアドレス帳さえも
同期して記憶してくれます。

 

そしてカメラで撮影した写真。
DropBoxというアプリケーションを使っています。
このアプリをダウンロードしてアカウントを作成、登録しデータフォルダと同期させるという設定をしておけば、
DropBox内に自動的にカメラアップロードというフォルダが作成され、そこにデータフォルダ内の画像がコピーされます。

 

スマホが壊れて新しいのに乗り換えた時、この二つのクラウドサービスのアカウントで再度ログインすれば
スマホが自動的にこのサービスに記憶されているデータを引っ張ってきてくれるので、データが消えるという心配がありません。

 

格安スマホは、自己責任の部分が多く不安な方も多いと思いますが、自分自身で対応できてしまうものも多く出回っています。
こういったものを知ることで、高い携帯代を抑えるために簡単に格安スマホに乗り換えられるようになっていきましょう。